大井町・大森の賃貸や不動産ならリブリッチ > 株式会社リブリッチ 大井町店 のブログ記事一覧 > 大森海岸の歴史について

大森海岸の歴史について

≪ 前へ|大森deおじさんぽ   記事一覧   大森のイトーヨーカドーについて|次へ ≫
カテゴリ:大森の地域情報
「大森海岸」は、京急本線の駅名ですが、国道15号が走り、海は近いけれど“海岸”というほどでもないと感じている方が多いかも知れませんね。
東京オリンピックを控えた昭和30年代の埋め立て整備など、大森は時間と共にその姿を変えて来ました。
「大森海岸」の歴史についてみていきましょう。


■平和島の「海苔のふるさと館」をみてみると…


大森海岸は、埋め立てが行われるまでは、海苔の養殖が盛んだった歴史を持っています。
明治に駅ができた頃には、地名「八幡駅」が駅名でしたが、その後、都内から最も近い海水浴場として海岸を訪れる人も増え、「海岸駅」となり、1933年(昭和8年)には、「大森海岸駅」になりました。
しかし、東京オリンピックに向けて東京湾の埋め立てが一気に進み、1962年に一斉に漁業権が放棄されました。
日本で初めて海苔の養殖が行われ、江戸時代に大森から各地にその技術が広まったと言われています。
海苔養殖業の面影は、平和島に作られた「海苔のふるさと館」に残されています。
いまではここにしかない、当時使われていた海苔養殖の道具が、文化財として保存され、大森の原風景に思いを寄せる事ができます。
海苔の養殖に適した遠浅で穏やかな海は、埋め立て地となり、高度経済成長を支える役回りを果たしてきたのだなあ…と、感慨深いですね。

■吉原の原点となる花街がルーツにある?


大森には「鈴ヶ森」という地名が残されていますが、罪人の仕置場だけでなく、お茶屋などが並ぶ「花街」としての歴史があります。
江戸時代、梅屋敷周辺は見事な梅林と休憩所があり、今で言う「リゾート地」のような土地柄でした。
そんな鈴ヶ森では、女性に相手をさせる“おやすみ処”が作られたのをきっかけに、お茶屋のメッカとなっていきました。
後に、吉原に江戸幕府公認の遊郭「吉原」が作られましたが、その原点となったと言われています。
昭和10年~昭和16年頃には、芸姑さんが400名近くもいて、その流れをくむ料亭・茶屋・置屋が南大井から大森本町にかけて並んでいました。

■広大な敷地が大きなマンションなどになり発展


交通網が発達した現代では、大森海岸は、「郊外のリゾート地」というより、「どこにでもアクセスの良い便利な街」といった印象を受けます。
料亭などの広大な敷地がマンションの敷地として活用され、都会的な街並みを作ったとも言えます。

2020年開催の東京オリンピックに向けて、京急本線のアクセスが良くなるなど、品川から羽田周辺にかけて、さらに注目が高まっていますね。



≪ 前へ|大森deおじさんぽ   記事一覧   大森のイトーヨーカドーについて|次へ ≫

 おすすめ物件


朝日リゾート

朝日リゾートの画像

賃料
15.9万円
種別
マンション
住所
東京都品川区豊町2丁目
交通
下神明駅
徒歩7分

ガラ・シティ大森

ガラ・シティ大森の画像

賃料
7.95万円
種別
マンション
住所
東京都大田区大森北1丁目
交通
大森駅
徒歩4分

Log鶴見

Log鶴見の画像

賃料
7.7万円
種別
マンション
住所
神奈川県横浜市鶴見区市場大和町1683-14
交通
鶴見市場駅
徒歩1分

プライマル西大井グリーン

プライマル西大井グリーンの画像

賃料
9.5万円
種別
マンション
住所
東京都品川区西大井4丁目12-1
交通
西大井駅
徒歩9分

トップへ戻る

インターネットでは非公開の物件が多数ございます。

自社では、広告ルールに基づき空室確認の徹底と掲載可能物件のみの掲載をおこなっております。
ご希望の条件に合うお部屋が検索で見つからない場合でも、お気軽にご相談・ご来店ください。

来店予約

来店予約